PAGE
TOP

大阪ホテヘル風俗求人DEBUTグループ人気アクセスキーワード一覧

求人サイト

134 view デリヘルデリヘル求人ホテヘルホテヘル求人 【項目別】ホテヘルとデリヘルの違い|初心者はどちらが向いている?
【項目別】ホテヘルとデリヘルの違い|初心者はどちらが向いている?

風俗バイトを始める際、ホテヘルとデリヘルのどちらが自分に向いているのか悩む女性も多いでしょう。ホテヘルとデリヘルには、営業形態やプレイ場所、回転数などさまざまな違いがあり、働き方によって1日の給料が異なります。

そのため、両者の違いや特徴を押さえた上で、自分に向いているお仕事を選ぶことが大切です。
今回は、ホテヘルとデリヘルの違いとともに、それぞれの給料事例と働くメリットを詳しくご紹介します。風俗バイトが初心者の女の子は、当記事を参考に自分に向いているお仕事を見つけましょう。

1.【項目別】ホテヘルとデリヘルの違い

風俗ジャンルの中でも、ヘルスには、箱ヘル・ホテヘル・デリヘルの3種類があります。
箱ヘルは店舗型、ホテヘルとデリヘルは無店舗型として知られています。
仕事内容に差異はありませんが、営業形態や働き方にそれぞれ違いがあるため、事前にホテヘルやデリヘルで働くメリットを押さえ、自分に向いているお仕事を選ぶことが大切です。

まずは、ホテヘルとデリヘルの営業形態やプレイ場所などの違いについて、詳しく解説します。

1-1.営業形態

ホテヘルとデリヘルは、無店舗型という点で共通していますが、受付の方法やサービスの流れなどの営業形態は異なります。

〇ホテヘル
ホテヘルは、店舗型風俗店です。ホテヘルを利用する場合、男性は必ずホテヘルの受付所に訪れる必要があります。受付所で男性から指名を受けた後は、指名をしてくれた男性と一緒にホテルへ向かいます。受付所はホテルの近くにある場合が多いです。

〇デリヘル
デリヘルは、受付の代わりに電話で予約をします。男性の自宅またはホテルでサービスを行います。行き先は男性の指定する場所により異なるため、事前にしっかりと確認することが大切です。

1-2.プレイ場所

ホテヘルとデリヘルとでは、プレイ場所にも違いがあります。

〇ホテヘル
ホテヘルのプレイ場所は、受付所近くのラブホテルです。待機場所から徒歩5分圏内で行けるホテルに向かいます。ホテル街に店舗を構えていることが多いため、移動には時間がかかりません。

〇デリヘル
デリヘルのプレイ場所は、ホテルまたは男性の自宅です。お店のスタッフに指定された場所まで送迎してもらいます。受付は電話で行なわれるため、男性から指定された場所によっては、1時間ほどかかる場合もあります。

1-3.回転数

回転数についても、ホテヘルとデリヘルには違いがあります。

〇ホテヘル
繁華街や風俗街に店舗を構えていることが多いため、60~90分と短めのコースを選ぶ男性が多いです。近隣のホテルに派遣されて向かうことから、回転数は多いです。

〇デリヘル
デリヘルを利用する男性の多くは、会話を楽しみながら女の子とイチャイチャしたいと考えています。そのため、ゆったりとした時間を過ごせる、90分~120分と長めのコースを選ぶ男性が多いです。行き先によって移動にかかる時間も異なることから、ホテヘルよりも回転数は少なくなります。

1-4.店舗数

店舗数は、ホテヘルよりデリヘルの方が圧倒的に多いです。デリヘルは、自宅とホテル両方の場所を選択できるため、ホテヘルよりも多くのお客さんをカバーすることが可能です。
一方、ホテヘルは近隣にホテルがある場所で店舗を構えることがほとんどであるため、ホテル街以外で店舗を増やすことができません。

風俗業界において最も店舗数が多いデリヘルは、都心部に集中しているホテヘルに対し、地方にまで幅広くサービスを展開することができます。

2.ホテヘルの給料事例・働くメリットについて

ホテヘルは、お店がある地域やプレイ時間によって給料は異なるものの、働き方次第では多くの収入を得ることが可能です。また、ホテヘルで働くメリットについても把握しておくことで、より長く安定して働くことができるでしょう。

ここからは、ホテヘルで働く風俗嬢の給料事例と働くメリットについて、詳しく解説します。

2-1.【働き方別】分かりやすい給料事例

ホテヘルは、選択されるオプションの種類だけでなく、ホテヘルのみで働く場合と昼職との掛け持ちで働く場合でも、料金が大きく異なります。

〇ホテヘルのみで働く場合の給料事例(60分コース)
人数 オプション 給料事例(基本料金+オプション料金=合計)
1人目 コスプレ 10,000円+1,000円=11,000円
2人目 ローター 10,000円+2,000円=12,000円
3人目 オプション無し 10,000円
4人目 顔射 10,000円+4,000円=14,000円
5人目 オプション無し 10,000円
合計 57,000円
〇昼職との掛け持ちで働く場合の給料事例(60分コース)
人数 オプション 給料事例(基本料金+オプション料金=合計)
1人目 オプション無し 10,000円
2人目 撮影 10,000円+2,000円=12,000円
合計 22,000円

掛け持ちをしているかどうかだけではなく、対応可能なオプションや男性が選ぶオプションにもより、給料の差は大きく異なります。そのため、事前にプレイ内容ごとの料金を確認しておくことが重要です。

また、ホテヘルは移動に時間がかからず、効率的に稼げるという特徴を持っていますが、勤務時間中にお客さんが埋まらない場合もあるため、日によって給料が変動する可能性もあります。

2-2.【メリット】受付モニターでお客さんの顔を事前にチェックできる

ホテヘルは、風俗業界が初めての女の子にとって、安心して始めやすいお仕事です。ホテヘルには受付所にはモニターが設置されているため、男性客の顔を事前にチェックすることができます。

また、受付モニターは、事前に男性客の顔を確認することができることから、身バレ対策にもなります。どうしても知り合いに会いたくない女の子でも、安心して働くことができます。

3.デリヘルの給料事例・働くメリットについて

デリヘルはホテヘルとは違い、プレイする場所がその都度変わります。そのため、オプション以外にもコース時間によって給料が大きく異なります。コース時間の短い男性客に対してはオプションで稼ぐなどすることで、短時間で多くの収入を得ることが可能です。

ここでは、デリヘルの給料事例と働くメリットについて解説します。

3-1.【働き方別】分かりやすい給料事例

デリヘルのみで働く場合と昼職との掛け持ちの場合に分けて、風俗嬢の給料事例を紹介します。

〇デリヘルのみで働く場合の給料事例
人数 コース時間 オプション 給料事例(基本料金+オプション料金=合計)
1人目 75分コース オプション無し 12,000円
2人目 120分コース ごっくん 18,000円+4,000円=22,000円
3人目 90分コース オプション無し 14,000円
4人目 90分コース バイブ 14,000円+1,000円=15,000円
合計 63,000円
〇昼職との掛け持ちで働く場合の給料事例
人数 コース時間 オプション 給料事例(基本料金+オプション料金=合計)
1人目 90分コース オプション無し 14,000円
2人目 75分コース パンスト 12,000円+500円=12,500円
合計 26,500円

デリヘルは男性客の指定した場所でサービスを行うため、勤務時間は長くても移動時間がかからないホテヘルに比べて、1日に接客するお客さんの数は少ないです。
しかし、デリヘルは120分のロングコースを選ぶケースが多いため、ホテヘルと同様で日によって給料は変動します。

3-2.【メリット】深夜・早朝も働くことができる

デリヘルには、ホテヘルのように受付所がありません。完全無店舗型であるため、実質24時間営業が可能です。そのため、時間を問わず働きたいときに働けることが、デリヘルの最大のポイントです。

また、デリヘルでは深夜や早朝といった時間帯にも働くことができるため、お小遣いを貯めたい女の子にもおすすめです。時間に縛られず、生活スタイルに合わせて勤務できることが、デリヘルで働くメリットと言えるでしょう。

4.風俗バイト初心者の女の子はどちらが向いている?

風俗初心者の女の子に向いているのはホテヘルです。初めて風俗業界で働く女の子は、身バレに対する不安を持っていることでしょう。
しかし、ホテヘルでは受付所に受付モニターが設置されており、男性客の顔を確認することができるため、事前にさまざまなトラブルを回避することができます。
知り合いと鉢合わせるといったリスクを回避することができるだけでなく、一度接客をして危険な思いをした場合も、男性客の顔を確認することも可能なため、安心して働くことができます。

また、ホテヘルは、デリヘルよりも過激な要求をされることが少ないため、特に風俗バイトが初心者の女の子に向いている業種であると言えるでしょう。

まとめ

ホテヘルとデリヘルでは、プレイ場所や移動にかかる時間で給料は異なります。また、どちらに関しても、日によって収入は変わるため、オプションをつけるかどうかで給料が大きく変動します。

しかし、身バレリスクが低いことや、移動時間などの負担が少ないことから、特にホテヘルは初心者におすすめの業種だと言えるでしょう。

ホテヘルとひとくちに言っても、お店ごとに特徴やコンセプト、さらに給料システムは異なります。ここまでの内容を参考に、ぜひ自分に合ったホテヘル求人を探してみてください。

オフィシャル

おすすめキーワード

ランキング

求人サイト

関連キーワード

カテゴリー

RSSリーダーで購読